テーマ:国有林モニター

RINYA2月号

林野庁広報誌RINYA2月号には前号に引き続き「森林除染実証試験結果」が掲載されている。 ポイントは落葉樹林での放射性セシウムの分布割合は落ち葉層に66%、土壌に18%、葉に8%・・・・・ 下草と落ち葉を除去した結果、除去前1.22μsv/hが除去後0.77μsv/hに低減した。 那須の道を美しくする100人の会が除染を行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RINYA1月号

林野庁広報誌RINYA1月号に森林における放射性物質の分布状況(福島)が掲載されています。白河あたりで、地表面から1mの高さで0.2から0.5μsv/h程度となっています。那須の道を美しくする100人の会が除染活動をしている里親の森は、それより多少高いと思われますが、おおむねその程度なのだろう。 スギ花粉の季節が間もなくやってきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RINYA12月号

林野庁広報誌「RINYA12月号」は2011国際森林年記念シンポジウムム特集です。国際森林年の年に放射能が降り注ぐとは・・・・シンポジウムで、森林が防災に役立った事は取り上げられているが、森の放射能について言及していない・・・・・何が環境問題の課題と展望なんだ!陳腐。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積木?とは云わないネ

伊王野の山で間伐材を積み上げてあるのを見かけた。どうやら「かんざし積み」と云うらしい。造形美だね・・・・・これを積み上げているところを見たかった。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

広報誌

農林水産省広報誌aff11月号は「食の未来を拓く 品種開発」です。・・・・・品種開発はそのほとんどが収量UPや食味UPを目指しているのですが、一たび開発が成功すると、その品種一辺倒になってしまうので、病害虫の逆襲を受けるとひとたまりも無い被害となる。より原種に、よりワイルドに戻そうという研究はないものでしょうか? 林野庁広報誌RI…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「森を歩く」

2011年は国際森林年、日本の国内テーマは「森を歩く」です 農林水産省広報誌「aff」 林野庁広報誌「RINYA」 日本の国土の7割は森林です。この母なる森の神々よ、この日本を清め給へ、森の動物を救い給へ、森の植物を育み給へ・・・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011RINYA8月号

林野庁広報誌「RINYA」8月号。 海岸防災林の再生。今回の津波で、海岸防災林は234箇所が破壊されましたが、津波のエネルギーを減衰させ、内陸への津波の到達を遅らせ、背部の住宅を守り、押し寄せた船や車を捕捉し、被害の拡大を阻止した。 今後の再生へのシナリオは、防潮堤を造る、災害のがれきを埋め立て盛り土の上に海岸防災林(林帯幅を確…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国有林モニター会議

林野庁関東森林管理局の国有林モニター会議で群馬県みなかみ町へ行った。 「赤谷(あかや)プロジェクト」・・・・・生物多様性の保全と木材生産の両立を目指す実証実験。ボランティアも60名が参加して、自然環境調査をしている。 活動テーマ ・自然林の再生 ・森林環境教育の場 ・水源かん養機能の回復 ・エコツーリズムの場 ・木材を利用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

aff7月号

農水省広報誌aff7月号の特集は「グリーンツーリズム」。昔「書を捨てよ、町へ出よう」って天井桟敷があったけど、「グリーンツーリズム」とは体験旅行ですネ。人間のDNAが野生を求めているのです。今なら「クーラーを止めよ、自然に帰ろう」って所ですが、メディアは盛んに「我慢せずクーラーを付けて下さい!!」と連呼している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「100人の森の小さな音楽会」予告

那須の道を美しくする100人の会が整備している里親の森(那須IC出口)の中で音楽会を開く事になりました。 7月27日で参加費500円・・・・・バベキュー、豚汁、ソフトドリンク付きですヨ!! 是非、お時間のある方はお誘い合わせの上、おいで下さい。 残念ながら、チョウピンは当日、森林モニター会議(地域住民が人工林を自然林に転換して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

RINYA6月号

林野庁広報誌「RINYA」6月号 東日本大震災で壊滅的なダメージを受けた「海岸防災林」・・・・・それだけ、襲来した津波の侵入を遅らせた訳です。さらに広い林帯幅を確保して再生して欲しいものです。 日本は国土の70%が森林なんですが、災害発生時以外では報道される事も無い。国産の材木も利用されない。杉花粉だけが元気に飛びまわっている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RINYA5月号

林野庁広報誌「RINYA」平成22年度森林・林業白書では木材の需要拡大を目指して、公共建築物の木造化、木質バイオマスエネルギー利用、木材輸出の3点が掲げられていますが、・・・・・公共建築物は要塞並みに頑丈な方がいいのでは?木質バイオマス発電は木材の燃焼熱の利用より、木質からバイオエタノール抽出ができればネ。木材輸出って、国内の木材自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RINYA4月号

林野庁広報誌RINYA4月号。2011年は「国際森林年」で国内テーマは「森を歩く」サブテーマが「未来に向かって日本の森を活かそう」「森林・林業再生元年」。・・・・・「那須平成の森」を歩く!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more