テーマ:歴史解説員養成講座

歴史解説員養成講座閉講式

2009年2月28日(土)晴天。 「なす風土記の丘資料館」での1年間の「歴史解説員養成講座」が修了しました。 これで晴れて「なす香」の一員として歴史解説員です。はたして出来るかナー? 遺跡発表会 小鍋前遺跡(那須烏山市)、川崎古墳(那珂川町) ↓小鍋前遺跡では周辺地区の土器が発掘されている。特に東北南部(大木式土器)、関東…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

栃木の遺跡(巡回展)

栃木県なす風土記の丘資料館で2月28日(土)に開催される「成果発表会」資料をパワーポイントで作って届けた(メールで送るつもりだったが、15MBになってしまったので持参) 現在開催中(1月31日から3月15日まで)の栃木の遺跡-最近の発掘調査の成果から-を見た。 ①高原山の黒曜石原産地遺跡=17000年前(後期旧石器時代)、住居から離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大田原生涯学習フォーラム

2月7日、大田原市生涯学習フォーラムを聞きに行った。 開会に先立ち、全員規律して「大田原市民憲章」を唱和した。 憲章の中には、「心身をきたえ、仕事にはげみ」や「若い力をそだて、としよりをうやまい」等、近頃では、あまり正面きって言わなくなった教えを、みんなで声をだして唱和している大田原市は良い町ですね。 講演は松本富生氏の「掘り起こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

放送大学単位認定試験

1月25日、放送大学の単位認定試験が始まった。今日は歴史解説員養成講座の総仕上げ「展示解説実習」の日だったのですが、単位認定試験を優先しました。 3科目(歴史と人間、博物館資料論、博物館経営・情報論)の試験を終えて、宇都宮大学キャンパスを出た時はもう真っ暗。でもなんか開放感がありますネ。どっかの居酒屋でガーッとビールでも飲みたい気…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NHKのロケ

那珂川町ふるさとの森にある古民家です。昨年9月に、ここでNHKスペシャルドラマ「白洲次郎」(1月10日から3回放送予定)のロケが行われたようです。大分県阿蘇のふもとの白洲次郎の生家の設定。 昨年12月には茅葺屋根の葺き替えをやってました。ロケ使用料?が充当されたのでしょうか??? ここはいつもおばあさんが掃除や庭の手入れをし…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

第12回歴史解説員養成講座

12月21日(日)晴れ。今年最後の講座は門松作りとちぎり絵の年賀状の作成です。 午前中は門松を作りました。 門松は「年神さま」を家に迎え入れるための「依代(よりしろ:神が招き寄せられ乗り移るもの)」で、平安貴族は「小松引き」という行事で持ち帰った松を飾ったのが始まりです。 門松がほぼ出来上がったところで、餅つきをして、「鏡餅」用の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年賀状の準備1

先日の歴史解説員養成講座で作りかけたハンコを仕上げた。 書体は中国清朝中期の書家「趙之琛(チョウシチン)」の「丑」の篆刻を真似た筈なのに出来たら、全然似てなかった。文字を多少欠けさせて古さを出すのが雑過ぎるけど、首が痛くなったので、完成!とした。 去年は娑婆にいたので、200枚ほどの年賀状を書いたが、今年は100枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第11回歴史解説員養成講座

12月7日(日)晴れ。歴史解説員養成講座も早や11回目。 今日は、そばを作って、午後からは冬休み小中学生向け展示会「丑を考古学する」のオープニングイベントで「うし」の文字をハンコにした。 まずはそば作り。こねる。 のばす。 きる。 ゆでる。 「蕎麦切り」の完成。ちょっと太さがまちまちだったけど、美味しかった!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄門が食べた茄子

元禄五年(1692)六月二十三日に馬頭を訪れた光圀公は、二十五日に大金重貞の案内で那須国造碑を参詣し、上機嫌であった。翌朝、大金重貞の息子、梅平小衛門宅で取った朝食のメニューが「光圀公御成り顛末日記」に残されています。光圀公はこの朝食が大そう気に入り、後でこの献立の内容を書き出させたようです。 その中の御煮物「むしなす、しそ葉にて包、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送大学履修④⑤

博物館資料論11月17日読了、通信指導課題投函。 博物館経営・情報論11月24日読了、通信指導課題投函。 これで、後は来年1月の単位認定試験まで2,3回教科書を読み返しておけばOK!!・・・? 単位認定試験日 歴史と人間(’08)      1月25日(日)11:35から12:25 博物館資料論(’08)    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送大学履修③

「博物館概論」を読了。提出課題をやったが、1問だけ、どうしても放送講義を視聴していないと解らない! 仕方がないので、常識の範囲???で解答した。 那須パラダイスには、ほぼ毎日なんらかの郵便物が配達されてくる。郵便配達員の方には会えば「ありがとうございます」と言って受け取りますが、こんなところまでわざわざ届けてくれる日本の郵便事業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送大学履修②

1日中机に向かって、「文化人類学」を読了。通信指導の課題問題も終了。 3科目目の「博物館概論」に入る。このペースで行けば、11月中に5科目の課題問題を提出できそう。 でも、1日中、教科書を読み続けるってのは、くたびれるネ。 夢に向かって 課題を解けば いつのまにやら 夢の中・・・zzzzz!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送大学履修

2008年11月7日(金)午後から放送大学の履修科目「歴史と人間(’08)」を読了。通信指導問題を終えた。 あと4科目を12月2日までに提出しなければならない。 通信指導問題に合格すると、1月末の単位認定試験を受ける事ができる。 6時間机に向かっていたら、肩がこってしまった。 夕食後、2科目目「文化人類学」の教科書を机の上に置い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しらきの里ウォーク

2008年11月2日(日)秋晴れ。 栃木県立なす風土記の丘資料館主催の史跡散策です。渡来人に所縁の白久地区を歩きました。 参加者は総勢60名で、新羅班、百済班、高句麗班の3班となりました。班旗は7月に胡桃で染めた「高麗の胡桃色」です。 小川館に集合し、湯津上館で特別展「那須の渡来文化」を見学(もう4回も見てしまった)後、スター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「那須の渡来文化」記念講演会

2008年10月26日(日)平成20年度なす風土記の丘資料館企画展「那須の渡来文化」記念講演会・シンポジウム。 講演1.「那須の渡来文化」学芸員眞保昌弘氏 663年白村江の敗戦(唐・新羅連合軍と百済・倭連合軍の戦い)により、豪族の集まりだった「倭」から、より強大な中央集権国家「日本」へ転換。 渡来文化による国家の確立(律令、仏教、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴代天皇事典

歴史資料を読むと、時代を表すのに、よく天皇の名前が出てきますが、よく判りません。八重洲ブックセンターで「歴代天皇事典」を見つけました。素晴らしい事に文庫本で667円でした。神武天皇から今上天皇まで時代背景とエピソードがまとめられていて、一気に読んでしまった。これは正に日本の歴史ですネ。 歴代天皇事典 (PHP文庫)PHP研究所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代米(黒米)

なす風土記の丘資料館で栽培している古代米です。鳥などから身を守る為に長い禾がついていますネ。現代のイネは収穫の邪魔なので改良されています。古代米の黒米はもち米です。炊くと固めで自然と赤飯の色になります。 古代米を喰う
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

なす香研修旅行

2008年10月15日(水)晴れ。なす風土記の丘資料館の歴史解説員養成講座のOB会「なす香」の研修旅行に参加した。 茨城県立歴史館特別展「幕末日本と徳川斉昭」 この水戸藩9代藩主は評価がいいも悪いも極端な人物でした。 文政12年(1829)藩の保守門閥派は将軍家より養子を貰い(幕府からの持参金目当て)藩主に画策、下級武士たちは藩政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の史跡見学会

2008年10月12日(日)栃木県立なす風土記の丘資料館の秋の史跡見学会は今年の企画展「那須の渡来文化」に関連して「埼玉県内の渡来文化の足跡を訪ねて」です。 <<高麗(こま)神社>> 高句麗は紀元前1世紀、中国の東北地方に興り、朝鮮半島の大半を有し、中国文化を取り入れた強大な文化国家でしたが、建国から700年、668年に唐と新羅によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送大学

放送大学の学生証を発行してもらう為に宇都宮大学キャンパス内にある栃木学習センターへ行った。 今期学習するのは「歴史系博物館活動支援エキスパート」の認証を貰う為の10科目中の5科目です。 博物館概論(試験日1月31日) 博物館資料論(試験日1月25日) 博物館経営・情報論(試験日1月25日) 文化人類学(試験日1月29日) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史解説員養成講座7

2008年9月20日(土)台風一過で晴れ。 第16回企画展「那須の渡来文化」オープニングイベント。 記念講演「那須の国と渡来文化ーそして今日と明日ー」 作家 松本富生先生 松本先生は韓国慶尚南道出身で5歳の時渡日、35歳で帰化。主な作品は「流浪の果てに」「野薔薇の道」「風の通る道」等。現在季刊誌「しもつけの心」に「那須国物語」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送大学の履修

10月から始まる放送大学第二学期の教材が届いた。 「歴史系博物館活動支援」エキスパート認証科目10科目の中の半分を受講する。 受講科目 歴史と人間(2単位) 博物館概論(2単位) 文化人類学(2単位) 博物館資料論(2単位) 博物館経営・情報論(2単位) 単位認定試験は1/25、29、31 ところが、那須パラダイス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史解説員養成講座6

9月7日(日)なす風土記の丘資料館の歴史解説員養成講座第6回。 「水戸光圀公の考古学」講師眞保学芸員 水戸光圀18歳の時、伯夷伝(史記)に啓発され、後世に正しい事実を伝える為に歴史編纂をした。ライフワークの「大日本史全397巻」は明暦3年に開始し、光圀没後も続けられ、完成は、なんと250年後の明治39年に刊行。 光圀は9回那須(馬…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

放送大学履修出願

放送大学の第2学期(後期)からの選科履修生の出願を行った。 1年間で「歴史系博物館プラン」のエキスパート認証状取得を目指します。 まあ、最初の学期なので、5科目10単位の受講をする。来年度第1期(前期)に残りの5科目10単位が取れれば、エキスパート認証状がもらえる事になる訳です。 ついでに、腕試しで来年11月頃行われる「学芸員資格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竪穴住居の完成

竪穴住居の模型が完成。 今から1万年前、縄文人は竪穴住居に住んでいました。 竪穴住居は想像以上に頑丈に出来ていて、30年位は住む事が出来ました。 構造上、建築には多くの人手が必要となり、ムラができました。 半径4mくらいの住居の中に初めて炉(複式炉)が作られ、「日本人の家族団らん」が、この竪穴住居から始まりました。 複式炉:一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史解説員養成講座5

2008年7月27日、栃木県なす風土記の丘資料館 歴史解説員養成講座第5回 養成講座OB会「なす香」のメンバーとの交流会と小中学生向け夏休みイベント「那須の発掘物語-竪穴式住居にくらす」の一環で土器作りを行った。埼玉県の子ども会の方々も参加していた。 チョウピン作の土器。縄文土器と言うより、弥生から古墳時代のパレス壺(赤い彩色やメノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史解説員養成講座4

2008年7月5日(土)晴れ。栃木県なす風土記の丘資料館の夏休み小中学生向け展示会「那須の発掘物語」オープニングイベントとして体験講座の実習を行った。 竪穴式住居の組み立て 縄文人の住居。20平方メートルくらいの広さの円形で、炉を住居の中に作り、1家族単位で住み、人類が「家族団らん」を初めて行ったのが、竪穴式住居の中だったのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史解説員養成講座3

2008年6月8日(日)うす曇、時々晴れ 春の史跡見学会「宮城県内の渡来文化の足跡を訪ねて」 栃木県立なす風土記の丘資料館の企画展「那須の渡来文化」(9/20から11/24開催)の関連史跡バスツアーです。今回は人気があり、定員を遥かにオーバーして60名となった。それでも30名程が参加出来なかったといいますから100名の応募があったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史解説員養成講座2

第17回特別展「塩谷町の遺跡」 栃木県考古学会副会長 海老原郁雄氏の記念講演がありました。 遺跡発掘の記録として残されている内容と、エピソードを取り混ぜて面白く聞きました。考古学とは仮説検証であり、仮説を立てるイメージの豊かさとひたむきに発掘する執念が必要なんですネ。 塩谷町は、那珂川(荒川)水系の那須国と鬼怒川(利根川)水系の下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史解説員養成講座開講式

2008年4月27日(日)平成20年度栃木県立なす風土記の丘資料館「歴史解説員養成講座」開講式 今年は第3期で受講生は16名。今から十数年前、国の肝いりで、全国の歴史的価値のある地域17箇所に「風土記の丘」を作りました。栃木にはそのうち「しもつけ風土記の丘」と「なす風土記の丘」ができた。「風土記」とは和銅6年(713)元明天皇(女帝)…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more