単位認定試験迫る

放送大学の2学期単位認定試験が迫ってきたので、「中国語の基礎」の教科書を持って、久しぶりに宇都宮大学構内の学習センターに行く。大学はまだ冬休みの感じ、学生は少ない。
「中国語の基礎」はラブレターを読解する内容になっている。
我們能快快楽楽地白頭偕老!(ウォメンノンクァイクァイルァルァバイトウシィェラオ!)
没想到、我会如比愛你(メイシァンダオ、ウォホイルゥチイアイニイ)
「いつまでも一緒にいたい!」(共に白髪の生えるまで)
「私がこんなにあなたを愛していたなんて」
当然、我是経常的想到你(ダンラン、ウォシジンチャンダシャンダォニイ)
「もちろん、私だって、いつもあなたの事を想ってますヨ」
・・・・・百年前のラブレターですネ。
これは、中国の新進気鋭の知識人胡適とアメリカの進歩的な女性ウイリアムスとの恋です。胡適は中国の古い慣習に逆らう事が出来ずに母の決めた許嫁と結婚した。だからといって身持ちが良かった訳ではなく、愛人も作った。ウイリアムスとはお互い引き付け合っていたが、プラトニックラブで高い壁はなかなか超えられなかった。出会ってから20年も経った時、お互いのマグマが爆発して、初めて共に一夜を過ごす事になったのです。その時胡適は42歳、ウイリアムスは48歳になっていた。ウイリアムスには胡適とのかすかな結婚という期待が有ったのですが、胡適は家庭を壊してまで一歩進む事はしなかった。ウイリアムスは52歳になった時、他の男性からプロポーズを受けた事を胡適に相談します。その時の胡適の答えは「大賛成!!」だったのです。・・・・・
オット!!チョウピンは今、小説を読んでいるんじゃなくて、「中国語基礎」の試験勉強中だった。
3次限分の勉強して、帰って来た。我愛你(ウォアイニィ)なんて誰かに言ってみたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック